流山

Google Map

「流山広小路」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

羽口の渡しから流山入りした新政府軍は砲隊を3隊編成し、「賊徒」の屯集地(新選組)を挟撃するため、まずこの広小路三叉路で左右に分かれた。右(西)方向は流山街道(旧道)の表通り、左方向は裏通りとなる。さらに左方向に進んだ隊列の一部は飛地山(現・流山市役所の裏付近)に陣取り、それぞれ大砲3〜4門を敵本陣に向けて威嚇した。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (北から流山入りした新政府軍は、広小路三叉路で左右に分かれた。右は流山街道の表通り、左は裏通り。突き当たりの家は史料等に出てくる「大坂屋」の跡にあたる)

 (表通りの奥に呉服新川屋が見える。新川屋は弘化3年創業(店舗建物は明治期のもの)で、国の登録有形文化財となっている)