多摩(新選組のふるさと)

Google Map

「宝泉寺」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

八王子千人同心をつとめた日野の井上家に生まれた井上源三郎は、新選組主要メンバーの中でも最も早い時期に天然理心流に入門し、免許皆伝の腕で六番隊隊長をつとめたが、 慶応4年1月5日鳥羽伏見の戦いで敵の銃弾を受け落命した。享年40。(→井上源三郎については「井上源三郎資料館」を参照してください)

(激戦の中で戦死した井上源三郎の遺骸は現在に至るまで不明であり、当地に墓碑が建てられている)

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (臨済宗建長寺派の宝泉寺三門)

 (新選組副長助勤・六番隊隊長を務めた井上源三郎の顕彰碑。近藤や土方の信任もあつく、内外の戦いに明け暮れた集団の中でのよきまとめ役でもあった)

 (井上家の墓には隊旗を模した幟が誇らしげに翻る)

 (井上源三郎の墓誌)

 (三門の内側から。日野駅のホームが間近に見える)