多摩(新選組のふるさと)

Google Map

「新選組のふるさと歴史館」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

日野市には、土方歳三資料館、佐藤彦五郎新選組資料館、井上源三郎資料館などの私設資料館があるが、新選組のふるさと歴史館は、より歴史学的な立場から新選組の紹介、諸資料の展示を行っている。新選組を中心に幕末の歴史を学びたい人には必見の施設。また、日野宿の歴史についての諸資料も所蔵している。

姉妹施設として、日野市観光協会が運営している「日野宿本陣」「日野宿交流館」がある。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (新選組のふるさと歴史館は、中央自動車道の南側。JR日野駅からは徒歩15分の距離にある。アクセスはあまりよいとはいえないが、展示スペースも広く、新選組や日野の歴史がわかりやすく紹介されている資料館である)

 (京都の壬生屯所(旧前川邸)の写真パネルの前で記念撮影ができる。右の土方歳三は、日野高校の生徒が爪楊枝19万本以上を使用して完成させた作品)

 (さまざまな小道具を借りて記念撮影ができる。バックの写真は箱館奉行所)

 (刀は、土方歳三「和泉守兼定」、沖田総司「加州清光」、斎藤一「鬼神丸国重」を模したもの。エンフィールド銃、ゲベール銃もあり、館内の記念撮影で使える)