多摩(新選組のふるさと)

Google Map

「日野八坂神社」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

由緒書きによれば、その昔、多摩川から牛頭天王(ごずてんのう)の神像が見つかり、これを祀ったのが神社の始まりという。牛頭天王は古来より祇園社として祀られており(牛頭天王は祇園精舎の守護神)、当神社も「祇園社」あるいは「(牛頭)天王さま」と呼ばれていた。

明治維新時、神仏分離令によって別当の普門寺との習合状態が解消し、(京都の総本社と同様)名称も「八坂神社」となった。

佐藤彦五郎は安政5年(1858年)8月、天然理心流門人25名の名を記し2本の木刀を架けた欅板の額を神社に奉納した。この中には佐藤を始め、近藤勇、沖田総司、井上松五郎、井上源三郎などの名があるが、すでに佐藤道場で剣術を始めたはずの土方歳三の名はない。したがってこの当時は道場を離れていたことになる。土方が正式に理心流に入門するのは、安政6年3月のことになる。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (甲州街道(旧国道20号)に面した八坂神社。道路の先にJR中央線のガード(日野駅)が見える)

 (八坂神社本殿)

 (神社の由来)

 (天然理心流門人の名を記した奉納額。実物は新選組まつりと八坂神社例大祭に公開される。近藤勇(この当時は嶋崎勇)、沖田総司(沖田惣次郎)の名が見える)