その他の史跡・観光スポット

瑠璃光寺

(るりこうじ)

瑠璃光寺
山口市香山町

↑クリックで拡大 →山口の史跡マップ

大内文化を象徴する五重塔(国宝)で有名な瑠璃光寺は、山口市内でも代表的な観光スポット。五重塔は大内義弘の菩提を弔って建設され、嘉吉2年(1442年)ころに完成した。

Google Map

「瑠璃光寺」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

大内義弘は武略にすぐれ大内氏の領国を拡大させたが、その勢力を警戒した足利義満により討ち取られた(応永6年(1399年)応永の乱)。その義弘の菩提を弔って建てられたのが瑠璃光寺五重塔である。五重塔が完成したのは嘉吉2年(1442年)ころとされる。

もともとこの地は大内義弘自身が建立した香積寺(こうしゃくじ)であり、したがって「香積寺の五重塔」であったわけだが、江戸期の初めに毛利輝元が香積寺を萩に移転し、その跡地に近隣の仁保にあった瑠璃光寺という寺が当地に移された。これが現在見られる瑠璃光寺と五重塔である。高さ31.2メートル、優美な曲線をもつ屋根は檜皮葺となっている。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

(瑠璃光寺(香山公園)の入口)

(国宝・瑠璃光寺五重塔)

(五重塔近景)

(五重塔の説明板)

(枕流亭の近くから五重塔を望む)

(瑠璃光寺本堂近くにある大内弘世像。大内義弘の父であり「西の京」とよばれた山口の街の基礎を築いた武将)