江戸

Google Map

「試衛館跡」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

天然理心流の創始者は、近藤内蔵之助(こんどうくらのすけ)という遠江国出身の剣客で、江戸に出て剣術道場を開いた。以後代々、跡継ぎにふさわしい弟子を養子にするなどして、道場主は近藤姓が続いた。

天然理心流は「田舎剣法」などとよく言われる。稽古も竹刀ではなく主に木刀が使われ、素早さよりもいかにして相手に実質的なダメージを与えるかが重視された。その意味ではきわめて実戦的な剣法といえる。

江戸ではこうした剣法はいかにも泥臭いと軽侮されていたのか、試衛館ができた当初はほとんど見向きもされなかった。のちに新選組が京都で分裂(高台寺党)するのも、北辰一刀流など都会派出身の剣士たち(伊東甲子太郎や藤堂平助ら)と天然理心流生え抜きの剣士たちとの間の確執が根底にあったとさえ言われている。

市谷柳町に試衛館を開設した天然理心流3代目・近藤周助は、多摩郡小山村の出身であり、多摩地方を中心に頻繁に出稽古に赴いた。江戸にいたままではなかなか門人も増えないので、尚武の気質がつよい多摩地域の農村でリクルート活動を繰り広げたのである。そして周助は、多摩の上石原村(現・調布市)農家出身の宮川勝五郎という逸材を発見した。かれは勝五郎の腕と人柄をたいへん気に入り、その父に頼み込んで自らの養子とした。勝五郎は周助の跡をついで4代目を襲名し、宮川勝五郎→近藤勇と名を変えるのである。

近藤勇はただ剣の腕がたつだけでなく和漢の読書にもよく励み、「日本外史」などで歴史も学ぶ文武両道をわきまえた剣士であった。また彼は「来るものはこばまず」という懐の広い大らかな性格で人を惹きつけた。やがて名うての剣士たちも試衛館を訪れるようになり、土方歳三沖田総司、山南敬助らが入門し、永倉新八藤堂平助らの食客と言われるメンバーもここに集った。こうして、幕末の世にその名をとどろかせた新選組の原型が、市谷のこの地に誕生したのである。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (市谷柳町交差点から住宅地の中に入りこんだ一角に、試衛館跡の碑が建っている。近藤、土方、沖田、藤堂、永倉ら幕末史をいろどる剣士たちが日々この辺りを闊歩していたのだろう)