江戸

Google Map

「品川台場跡」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

「台場」とは、砲台を設置した要塞のこと。嘉永6年(1853年)6月にペリーが来航し、1年後の再来を約して帰って行くと、幕府は江戸防衛のための台場の建設を急いだ。建設の責任者は、伊豆韮山代官・ 江川太郎左衛門 (えがわたろうざえもん)である。

この江戸湾の台場は「品川台場」と呼ばれ、全部で11基の建設が予定された。品川の御殿山などから土を運び、埋め立てによって海上に人工島を築きその上に砲台を設置するという計画である。

このうち第一、第二、第三、第五、第六の各台場は完成。第四と第七は途中で建設中止。ただし第四台場の代わりに陸上に御殿山下台場が建設された。第八以降は未着工。したがって実際に完成したのは6基ということになる。

最初に第一〜第三台場が完成したのが嘉永7年(1854年)4月。折しもペリーが2度目の来航を果たし日米和親条約が結ばれた直後だった。しかしペリーが江戸湾に到着したとき、砲台はかなりできあがっていたことだろう。わずかな期間で海防強化を推し進めた日本に対し驚異の目をみはったにちがいない。

これら品川台場のうち現存している台場は、第三台場と第六台場。第三台場は「台場公園」として一般に開放されており、「ゆりかもめ」のお台場海浜公園駅から徒歩で訪れることができる。台場敷地内には陣屋や弾薬庫の跡が残されている。第六台場は立入り禁止であり野鳥や植物の楽園となっている。

「お台場」という語は、幕府が建設主であることで敬称をつけたものとされている。当時は江戸防衛のため官民一丸となって突貫工事に携わったことだろう。現在「お台場」というと、住所としての港区台場(フジテレビなどのある一帯)だけでなく、13号埋立地(船の科学館や青海流通センターなどを含む)全体をさすことも多い。また、10号埋立地(東京ビッグサイト、有明コロシアム、東京港フェリーターミナル)も含めた臨海副都心全体をさすこともある。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

(レインボーブリッジに沿うようにして東京湾に浮かぶ人工島の第六台場(橋脚に近いほう)、第三台場(右手の四角の島)。左手前の細長い島は鳥の島(防波堤)。当時の形を残している台場はこの2つだけで、このうち人が立ち入ることができるのは第三台場のみ)

(お台場海浜公園からみた第三台場。左手に第六台場)

(お台場海浜公園と日の出桟橋をむすぶ海上バスから第三台場をみる)

(第三台場に立つ石碑)

(第三台場に置かれている砲台の模型)