大村益次郎像【PHOTO 1】

大村益次郎像

■大村益次郎像 (靖国神社境内に立つ堂々たる大村像は、高さ12メートル。彫刻家大熊氏広の手による日本初の西洋式銅像で明治26年に完成した)

大村益次郎像

■大村益次郎像 (西郷、坂本、高杉など「幕末の英雄」に比べると存在感は地味な大村益次郎だが、この男がいなければ長州が幕府に勝っていたか、新政府軍が旧幕府に勝っていたかおぼつかない。その天才的な戦略により、まるで現在のコンピュータがシミュレーションゲームを行うように、計算ずくの勝利を積み重ねていった)

大村益次郎像

■大村益次郎像 (東向きの大鳥居)

大村益次郎像

■大村益次郎像 (銅像の説明板)

大村益次郎像

■大村益次郎像 (「さくらまつり」期間中の靖国神社)

大村益次郎像

■大村益次郎像 (円柱部分に刻まれた碑文)

「大村益次郎像」のページへ戻る

江戸の史跡マップ

江戸の史跡マップへ

「幕末トラベラーズ」のトップページへ